トカゲのしっぽは切れてもまた元通りになることはよく知られていますが、実は、私達人間にも、もともと「再生する能力」があります。

 再生医療とは「薬を用いてケガや病気を治療するのではなく、人体が持つ「再生する能力」を利用して、ケガや病気を治す医療」のことです。現在、再生医療をテーマにした話題では「幹細胞」「iPS細胞」といったキーワードが多く出てきますが、実際のところ、再生医療はどのように分類されるのでしょうか。以下に、簡単に説明をしたいと思います。

 まず、人体の組織は、これからいろいろな組織や臓器になれる未分化な細胞「幹細胞」と、完全に分化し皮膚や血液のように臓器や組織となった「体細胞」とに分けられます。そのうち、「幹細胞」には大きく3種類があります。一つ目は、もともと私たちのからだの中に存在している「体性幹細胞」で、二つ目は胚(受精卵)から培養してつくられる「胚性幹細胞(以下、「ES細胞」)」、そして、三つ目が人工的に作られる「人工多能性幹細胞(以下、「iPS細胞」)」です。

 「体性幹細胞」は、血液・脂肪・骨・軟骨・筋肉・血管などの細胞内に存在します。「体性幹細胞」は新しい細胞に分化して、組織を修復したり、再生する能力のある細胞ですから、再生医療に適した特長を持ちます。しかも、人間の体の中にもともとある細胞を使うため、治療に応用しやすい利点があり、さまざまな分野で研究開発が進んでいます。しかし、「体性幹細胞」は、骨なら骨、筋肉なら筋肉と言うように、決まった細胞にしか分化しません。

 「体性幹細胞」に比べて「ES細胞」と「iPS細胞」は、さまざまな組織や臓器に分化する能力を持つ万能細胞です。

 「ES細胞」は、理論上すべての組織に分化する分化多能性を保ちつつ、ほぼ無限に増殖させることができるため、有力な万能細胞の一つとして再生医療への応用が期待されていますが、「ES細胞」は受精卵が胎児になる途中の胚の中にある細胞を採り出して培養し作られるため、本来赤ちゃんになれる細胞を利用するという倫理的な問題があります。

 それに対して「iPS細胞」は、成熟した体細胞にいくつかの遺伝子を入れて人工的に未分化な状態に逆戻りさせた幹細胞です。「ES細胞」と同等の能力がある上に、「ES細胞」において懸念であった胚盤胞を滅失することに対する倫理的な問題を解決したことで注目され、世界中の注目が集まっています。2012年には「iPS細胞」を発明した京都大学の山中伸弥教授がノーベル医学生理学賞を受賞しました。将来的には、腎臓や心臓といった臓器を丸ごとつくり出すこともできるのではないかと、大きな期待が寄せられており、研究が進められています。しかしながら、「iPS細胞」の技術を使えば、男性から卵子、女性から精子を作ることも可能となるなど、技術適用範囲については大きな議論が交わされています。さらには、「iPS細胞」は意図しない細胞に分化するリスクや、癌化するリスクも高いため、実際に人体に移植・応用するには大きな課題が残っています。

 一方で、「体細胞」の働きを利用した再生医療は、既に、実際の医療現場で使われています。特に、よく実際の医療現場において利用させている再生医療に「PRP(多血小板血漿)療法」(以下、PRP療法)があります。

 PRP療法とは、自分の血液中の血小板に含まれる成長因子が持つ修復能力を利用し、人間に本来備わっている「治る力」を高めることでケガや病気の治癒を促す再生医療です。私たちの血液は、血球(赤血球・白血球・血小板)と血漿で構成されています。血小板が放出する成長因子には、細胞増殖や血管の形成などに役立つものが数種類あります。それらが損傷部位に直接働きかけて細胞増殖を促進し、修復機能を高め、自然治癒力によってケガや病気を治療するのです。これ以上分化して別の組織になることがない血液中の血球成分を培養することなくそのまま使うため、安全性の高い再生治療だと言われています。

 最近では、メジャーリーグへの移籍前にプロ野球選手の大谷翔平選手がPRP治療をしたというニュースが話題になりましたが、海外では、2000年頃からサッカー選手やメジャーリーガー、プロゴルファーのケガの治療などにPRP療法が使われていました。日本でも、それに数年遅れて、難治性皮膚潰瘍・褥瘡(床ずれ)・やけど・糖尿病疾患による壊疽・歯槽骨・歯肉の再生促進、整形外科分野の特にスポーツなどによる肘やひざの痛み、腱や筋肉の損傷への治療で使われており、新しい治療法として注目されています。

 私達エイオンインターナショナルは、再生医療のための医療機器メーカーとして、日々、真摯に、研究の歩みを続けております。また、志を同じにする医師や関係者の温かいご協力を得て、日本でも再生医療のための医療機器の販売を開始しました。私達の歩みが、一人でも多くの患者さんの笑顔に繋がることを切に願っております。